HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

◆今週の出勤者3月4日〜6日

ヒゲ・亀(3月4日〜6日) 
なつちゃん・カク・匠M・ドド安藤・若殿柴田・神田女史(客人)3月5日〜6日)
頼(5日)

その他、大倉クラブ(高梨・中島・仲村)、桜井君、鈴木さん、チャンプ畠山氏、新潟からの9人集、その他多数の方が、寒気が厳しい雪道を登り来訪、売店を利用してくれました。感謝いたします(カク)

◆今週のボッカ

ヒゲ・なつちゃん・亀(食材・飲料水)トド安藤(キッチン用棚材・小物備品)匠M・カク(建材)頼(建材・食材・ビールなど)若殿柴田(つまみ類・酒)

       ◆小屋周辺情報  

天気予報の正確性は向上したが、山のピンポイント天気予報は不可能だ。風の吹き方ひとつで微妙な天気になる。今週も「晴れマーク」は外れたが、昨日(金)降った雪が表丹沢の山を真白にした。小屋周辺で積雪15cm程だがトレースははっきり付いておりアイゼンの装着は不要。しかし塔の岳を目指す人は、50cm〜1m以上(吹き溜まり)の積雪があり、冬山装備が必要だ。                   

馬の背は凍結
アイゼンが必要

今日は、雪深い新潟から9名の客人が来訪し賑やかなひと時となった。雪では驚かぬ人達も温かいラーメンをすすり、帰りには甘酒を予約して塔を目指し登って行った。今日も休憩するお客が多く、登る人、諦めて下山する人もいた。客人のK女史などは、堀山の家の魅力(?)に取り憑かれ宿泊してくれた。

             ◆ 小屋の仕事 

今日は積雪のため外の作業は出来ず、小屋内部のキッチン周辺のリニューアルや整理整頓を重点的に行なう。小屋奥の小部屋のふすま戸(ジイ池田オリジナル)に障子紙を貼り、形ばかりの「棟上式」を執り行う。写真を飾る壁面を製作しギャラリー風にする。

「和風衝立」も完成。小屋内が明るく見栄えがしてきた。
 日曜日は、6時起床。朝飯前に、K女史を連れて・亀さん・カクさんが水汲みに沢まで下る。雪面には、小動物の足跡がいたる所に付いている。午後は踏み跡が付いていない小草平尾根に丸太を拾いに行く。
亀さん柴ちゃん、カクで2往復する。昨日の新潟グループが帰りに立ち寄り、約束の甘酒を注文してくれた。賑やか。(カク)

           今週のメモ 

          迷い犬は世渡り上手
                      

3月5日(土)大雪の日。荷揚げ時 迷い犬を一緒に下に連れて行ってくれとひげに頼まれる                 黒くて大きな犬だ。しぐさがまだ子供っぽい。毛並みも良く首輪もある。尻尾を振りながら愛嬌を振りまく渡されたお菓子で釣りながら一緒に連れて下りる。
                
 時々雪に頭をつこんだり、仰向けに転がったりはしゃぎまくる。おいおい、お前は迷い犬なんだろう? 少しはしおらしくしろよ。
菓子が無くなると、今度は所かまわず登山者にじゃれつき、愛嬌を振りまく。これがとってもうまいんだ。かわいくて、つい登山者はアンパンとか菓子、中にはおにぎりまで出す人もいた。
不器用な私には出来ないパフォーマンス。ワンちゃんの世渡りテクニックに感心。 麓近くなって匂いを思い出したらしく、駆けだしあっという間にいなくなってしまった。 

  
                追記  
            
                          
遺失物の逸走家畜として秦野警察に捜索願いが出ており、麓の黒門茶屋の飼い犬。前科5犯の脱走常習犬と判明。
「今度やったらブタ箱に入れるぞ」 と脅かされ、「もう二度としません。ワン 」 と吼えたとか? とっても楽しいワンちゃんでした

                      ボッカ頼

                            

   

  初めて訪れた堀山の家。 意気投合、泊まっていただいた
  神田女史。 いろんな山を歩き経験豊富。なんと朝6時から
  沢での水汲み、丸太運びまで手伝ってくれました。
  雪の沢で素敵な笑顔。皆 神田ファンになってしまいました。


こっげながん たいした雪らねえて
  雪の新潟からのお客さま9名。「こんなの降雪に入らない」
  と言われ、大雪だと騒いだ手前、何か穴があったら入りたい
  気持ち。 皆さん全員長靴でした。長靴の有用性の再確認
  行きはラーメン。帰りは甘酒のご利用、 なっちゃんは大忙し






            小屋の改装




 
 
ごみと廃材を一掃。 見事に大変身。機能性大幅アップ。
  豪華になった調度品。 トド安藤作 文化住宅風の台所

  お父さんの匂いが消え、少し寂しい




酒場じゃありませんよ! 柴ちゃん 念のため !   


殿      カク     ひげ      亀
 
 


平成の甚五郎 
   
 
  平成の甚五郎 ジイ池田制作 奥の院も完成間近。       
   好き者が集まって棟上式
「今から楽しみ ! 」               
   
酒場じゃありませんよ! 柴ちゃん 念のため                             
 匠M作 竹の素材を生かした、超こだわりの傑作 和風衝立

  荷揚げごとに休憩でお世話になっている見晴茶屋の
  酒井さん(左)。今日は山田さんと笑顔の素敵な女性二人
  熱いお茶をいれていただいてありがとうございました。
  大雪にもかかわらず華やいだ雰囲気。画面が霞んで残念
  

 
近況報告トップへ戻る