HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

8月12日〜8月14日)  小屋近況報告

先週の課外活動後の心地良い疲れを取るベく、堀山の家を訪れたつもりが、このくそ暑い最中でも小屋は賑やかでした。「のんびり出来そう」などと思っていた考えが甘かったことを反省しています。小屋にはお馴染みさんの光ちゃん・アル斎藤さん・ジェントル金山・後発組として、神田明神・七輪会千枝さん・藤松さんの来訪があり、暑気払いの宴会となる。翌朝は天気の晴れ間をみて塔の岳(千枝さん・ジェントル金山・カク)へ登り、360度の展望(この後すぐ天気が崩れる)を楽しみ、花立山荘で「かき氷」を食べてから戻る。水汲みもやったり、賑やかな夏休みの2日間でした。
なお、ヒゲさんは12日〜22日まで小屋に滞在して頑張っています。                                
                                    
                         カク

8月14日(日)   ぬけるような青空 塔ノ岳山頂
          ジェントル金山、七輪会千枝ちゃん


登山客は少なく不安定な天気で蒸し暑いと思っていたら雨が降り出したり、かんかん照りになったり、めまぐるしかったです。楽しみにしていたペルセウス流星群は雲に隠れ、ほんの一時間くらいしか見れませんでした。中村屋加藤さん、金山先生がジュース類をボッカしてくれました。キツネノカミソリが観音の下でひっそり咲いていました。
                  なつこ
        キツネノカミソリ 


        
新発電機登場

発電機の威力はすごかったです!音が静かでつけているのも忘れる程でした。ガソリンの消費も少なく効率的です。海の日のイベントの会費で今回新調できました。皆さんありがとうございました  
                  なつこ
ガソリン2.7gで 6時間は発電可能。6.1アンペアの
小型発電機機。夏のかせぎ頭、かき氷作りに強力な味方

初めてのガソリン注入。なにか晴れがましい気持ち。みなさん童心に帰って楽しそう。


         丹沢湖花火大会 

 

 期日  8月10日(水)

場所  神奈川 山北町 丹沢湖駐車場  

 時間    20:00〜20:45
午後3時から古里物産展 酒水太鼓、阿波踊り、神輿
など盛りだくさんのイベントで会場を盛り上げる
        会場を盛り上げた阿波踊り
  ほとばしる汗。 巧みな手と足、腰のさばき。
  踊り手の生き生きとした表情が楽しい
午後7時45分。 午後8時の打ち上げを今か今かと待つ。
約3万の観客。ほとんどが家族連れ。
 約2500発。花火の音が周囲の山々に反響。
 水中花火が湖面に映える。

     
       撮影 ボッカ頼兼
◆今週(8月12日〜8月14日)の出勤者

 ヒゲ(12日〜22日)
 亀・なつ(12日〜14日)
 カク(13日〜14日)

 頼(平日) 荷上げ
              8月13日(土)  
       暑気払い  真夏の宴会
      充実女性陣に男性軍は大ハッスル
みっちゃん、ちえちゃん、神田さんと女性が
沢山いて男性陣が大いにはりきった週末に
なりました。夜は何本も酒瓶が空になり異常な
盛り上がりを見せました。
亀さんが酔っぱらい、何やらあやしげな
新興宗教教祖になってしまいました…
  奥さんには見せられない 角のこの幸せそうな顔
 なにやら あやしげな指導。 紳士亀  教祖に豹変
 昨夜の反動? 角さん、亀さん お疲れモード。
 スタミナの差?
直ちゃん、千枝ちゃん。さっそうとした笑顔。
 男性軍完敗。
 昨夜の疲れ?全然。 朝から水20リットルの水汲みボッカ
 女性上位時代を痛感
 堀山の中村屋加藤さんと 見晴らしの光ちゃんは古く
  からの付き合い。通じた心に多くの言葉はいらない。
  斉藤ワールドに からみ大根は欠かせない
  今日も うまい酒飲むぞ
        夏季営業    8月22日(月)
                                                   
堀山の若殿 柴田さんの御曹司  瑛介君は夏休み
   
お父さんはドラゴンズファン。瑛介君も帽子は中日ドラゴンズ
でも今年は強い阪神タイガースが好き。お父さんをくやし
がらせる。明日は家族で車で実家の愛知へ。愛知万博の
マンモス見学が待ち遠しい
瑛介も小学校2年生。 ひげからもらったシャボン玉に夢中
  小屋前広場の台でお父さんと並んで昼寝。
  涼しい風が吹き抜ける

           編集後記  
 
南アルプス仙丈岳に高山植物撮りに行ってきました。
報告は28日配信で。
大きな小屋に一泊。清潔な小屋。
流れ作業式の食事。100人近くの登山客を手際よくさばく。
小さな堀山の家の温もりを再認識
。  

                     頼兼  
    
近況報告トップへ戻る