HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

         小屋近況報告   9月16日〜19日

 14号台風の来襲で、西日本に大きな被害が出たが、その後は太平洋高気圧の張り出しが強く、残暑は厳しいが、真夏の陽射しにはない湿度の低い爽やかな秋晴れが続いた。
9月中旬ともなると、朝夕はだいぶ凌ぎ易くなる。山の尾根を吹き抜ける風も心なしか爽やかで、山は秋模様。涼しくなればボッカも少しは楽になることだろう。夏から秋、そして厳しい冬を迎える前に小屋もその準備に忙しくなる。

 ベンチに腰掛けているといい気持ちになってしまう。尾根をわたる優しい秋風が眠気を誘い、うたた寝をしてしまう。 間伐材を拾いに尾根を分け入り、丸太を探す。厳しい冬に備えての第1歩が始る。 
                          
                              カク

          冬支度の準備始まる

23日〜25日南アルプス白根三山縦走。立案者のITTO会ゴルファー高橋打ち合わせに堀山訪問。 健脚の持ち主。下半身が安定。薪割りも決まっています。
  ITTO会井上さん(右)。久しぶりの堀山訪問。
朝晩はすっかり冷え込んできました。冬にそなえ大量の薪のストックが必要。尾根に分け入り間伐材の丸太拾い。井上さんも積極的に参加、応援していただきました。
      前原先生、渾名は 「超人
三連休で沢山の登山者がきました
前原さん(金山先生友人)が金曜から泊まり込みで明け方月が富士山に没する写真を撮るためにやってきました それに触発され皆早起きして空を眺めたのですが月が富士山に傾き出したら雲が現れ何も見えなくなりました…意地悪な天気

                        なつこ
前原先生、16日(金)から泊り込み。17日朝早朝計算が狂いうまく撮影できなかった。再挑戦の18日朝、こんどは雲に邪魔され撮影出来ず不発先生取手の自宅に帰る誰もが諦めたと思っていました。
ところがなんと19日(月)未明堀山の前で一人で撮影していました。茨城の自宅に帰り、トンボ帰りで戻ってきたのです。
皆の度胆を抜く。飽くなき徹底した挑戦。先生の現役時の渾名は超人(金山先生情報) 皆200% 納得
前原先生(右)は星が専門で元理科の先生。日本でも有数の私設の天体観測施設を持つ有名人。病気を克服、現在も旺盛な探究心が続いている。
  ◆ 今週の出勤者

  ヒゲ・(16日〜19日)
  なつ・カメ・大・(17日〜18日)
  カク(17日)
 

 不屈の精神力

橋田さん堀山に初来訪〜リハビリでやっとの思いで来ました
早朝に出発。堀山到着は午後6時。10時間以上かけ
一人で登って来られました。橋田さんは障害を乗り越え
リハビリのため堀山登山。不屈の精神力に皆感動!
二年前大倉尾根に挑戦。駒止茶屋の前でストック
を折り駒止茶屋のメンバーに救出される。その時
同じ障害を持つひげの話を聞く。2年のリハビリ後
堀山初訪問。「あなたに会いにきました」 ひげと感激
の対面。

しばらくご無沙汰していたジャッカル山田。インドへ行って
いました。インドで高山からの下山中、中耳炎になる
アクシデント経験。現在もまだ完治していないとのこと。
バイタリテイ旺盛なジャッカル山田はじっとしていません。
元気に代4次ビール造りに着手。インドの土産話楽しみに
しています。
小笠原ご夫妻初来訪。大ちゃんの巧みな勧誘で宿泊して
ただきました。とても気さくな楽しいご夫婦。
けいちゃんの地ビールたいへん喜んでいただきました

 見晴らしの元気印,、吉田さん。トレーニングのため見晴らしが
 使わなくなったゴザをしょって来ました
パワー全開。彼女が
 いると回りが明るくなります。l
     訓練のため 大ちゃんと一緒に丹沢山登山
 
 
蝦夷鹿
 
ハンター川村さん。丹沢禁猟区が多くなり、猟犬を使わない
彼は丹沢での鹿猟やりにくくなりました。今回北海道での鹿猟。
土産に持ってきていただいた蝦夷鹿。とてもやわらかく美味しい
肉でした。
 

単独行
 
冬山が専門。レベル高過ぎて単独行が多い蓮沼さん。
尊敬する花立の塩見さんが去り、しばらく足遠うのいて
いました。ひさしぶりの堀山訪問。ボッカ頼2年前上高地の
バスターミナルでお会いし、帰りの電車で大変ご馳走に
なりました。
            編集後記

 障害を乗り越え飽くなき探究心。 前原先生。           
 健康を取り戻すための気の遠くなるような長いリハビリ、
 橋田さんの不屈の精神力。ただただ頭が下がります。
 健康の大切さと、たくましい精神力、生きる勇気を
 教わりました。
                      
                  頼兼
近況報告トップへ戻る