HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

堀山の家、春のイベント「花見バーベキュー」が盛大に終了した翌週は、少し静かな山小屋生活を味わえるかなと思っていたのだが、今週もスタッフを含め9名になる。

今日は「見晴らし茶屋」の60周年とリニューアルオープン記念パーティがあるらしく、なんだか賑わっていた。登山道の補修や清掃をしてくれる山岳会のかた方が大勢登ってくる。ありがたいことだ。尾根道の桜は見頃になってきた。左手には、愛鷹山を従えた霊峰富士が高く、白く聳えている。今日は風もなく春日和だ。富士見平付近の桜の古木はいまが満開か。小屋前の花桃も開花した。山の斜面には鮮やかな紅色のツツジが咲いてきた。人員が揃っている時に、小屋の作業を進めておこう。まず、丸太切りから始まり、搬送、そして薪作り。小屋内のベンチに収納出来ぬほどの薪が出来た。外は霧雨だがボッカマラソンがあり、賑やかになってきた。我々も応援に出る。早い人は20キロの荷物を背負い1時間位で登ってくる。小屋が中継点になっているのだ。課外活動の一還で「檜洞丸」に出かけていたヒゲさんと踏みグループと大倉屋で会うことになり、早めの小屋閉めをする
                   カク

       小屋前ももの花 まだ3分
4月27日小屋前ももの花はまだ3分昨年は4月28日には満開だった。大寒波の影響か?1週間ほど遅れている
 

 ひげ初めての課外活動
         4月22日〜23日 檜洞丸
       踏み踏み山楽会、定例山行に参加
、      青ヶ岳山荘にて合同誕生会
お父さんが亡くなり精神的に大きなダメージを受けたひげ。
小屋の経営を委託されいつまでも悲しんでばかりいられない。気持ちを奮いたたせ、かねてから望んでいた檜洞丸登山に挑戦。踏み踏み山楽会に協力を仰ぎ定例山行に参加
念願の登頂を果たし大いなる勇気をもらう。新たな出発の決意。
     障害があってもひげバランス感覚は抜群
いつものお気楽山遊び気分が、実はひげさん行ってみたかったけれど初めてと聞き緊張し始め、こんな劇的瞬間を一緒にいていいんだろうか?途中後を振り返ると顔中したたり落ちる汗を見て、タカイチさんのうだうだの中にある塔の岳がチョモランマ級を思い出し、もしかして私はチョモランマへ一緒に向かっているのだろうか?いえいえ、8時43分自然教室スタート、檜洞丸に13時58分。青が岳小屋番と途中何度か一緒に休憩しているのでこんなに近いチョモランマはない、普通に檜洞丸へ行ったのでした。
ひげさんはガレ場、岩場、とてもバランスがよくて私達のほうがアララ、フラフラしてると思いました。
小屋は堀山と違ってこたつに入らないと寒い、テンションもちょっと違う、でもひげさんはいつもと同じように感じた。
青ヶ岳スタッフ気づかないような気遣いがうれしかった。特別扱いはしないがなんとなくが感じられた。
次は未踏の蛭ヶ岳へ行きましょう!心の中で言っていました。ひげさんにはまだ言っていません。

                       踏み踏み
        見事なトウゴクミツバツツジ
     青ガ岳山荘の皆さんありがとう。
 障害をもつひげにペース合わせ、手助けをしてくれる
食事固いものを余り食べれないひげのためマーボ−豆腐、エビチリなど、柔らかいものを用意していただく。久しぶりにたくさん食べたとひげ大満足。二階に寝るのは大変と1階に寝具類用意。大変な気遣い、配慮でひげは涙がでるほど嬉しかったとのこと。裏で細かいコミュニケとってくれた踏み踏みに深く感謝。
青ガ岳山荘名物小屋番 ネアカ人間 トンボちゃん。
今回ひげが大変お世話になりました。
丹沢登山競争    
 4月23日(日) 
             (大倉〜花立)
       男子の部(10kg)  1位    52分02秒
       女子の部(8kg)   1位 1時間6分14秒
       少年の部
      
スリムな体の人がどんどん走っていきました。
結果は分りませんが68人ほで出場したそうです。
従来は山開きの日に行われていた山岳マラソン。今年は一週間遅れ。タイム。トップは大倉から花立1時間を切る。箱根駅伝早稲田のアンカーつとめた選手も出場するなどかなりのハイレベル
チャンプ畠山も出場。
塔ノ岳登頂。昨年は年間438回。 目標の2000回に向けてばく進中。塔ノ岳への荷揚げ年間個人で10トン。量、質では他の追随を許さない。
さすがにスピードを要求されるマラソンは勝手が違うか?チャンプポーズで声援に応える
小屋前水補給場。 各ランナー自分の判断で水補給
        
霧のボッカ道  
           4月27日(金)
往路 雨上がり。新緑が美しい。5月には更に鮮やかに
                       一本松
復路        霧が濃くなる     富士見平付近
復路    霧で30m先が霞む     一本松
湘南平スケッチ
                           4月25日
               ヤマブキ
               浅間山のツツジ
     今年は当たり年。 見事なシャガの群生
              シャガ
         湘南平はツツジの名所
          まもなく子供の日
 今週の出勤者
4月15日〜4月16日 
        なつ カメ かく ゴルファー高橋 中嶋
       ミート高橋

     加藤夫妻  笹尾 
小屋近況報告     4月22日〜23日(土日)
            土曜日
           ひげ不在 
  今週はひげが青ガ岳山荘行きで留守のため亀さん、
  角さんのサポートで小屋を開きました。
              
  朝 亀さんと山道を歩いていると沢山の登山者で
  大倉尾根は満杯でした。
 駒止茶屋を過ぎるとフジザクラとオオシマザクラの花のアーチでした。空気が澄んでいるのか富士山が裾野までくっきり見えました
                       なつこ
           
 
亀さん大活躍   
 ひげの信頼厚い亀さん。早朝の荷揚げからなっちゃん
 をしっかりサポート

 いつも皆を立てるおくゆかしい亀さん。今回は積極的に
 行動。すべてに気遣いを示す。中華風鍋の材料自分で
 仕込み夕食作りも担当。日曜下山最後まで付き添い
 責任を果たす。なっちゃんは大感謝。亀さんの存在の
 大きさ示す

  ひげ不在。大黒柱なっちゃんもやっぱり緊張
  角さんはじめとした皆の真摯なサポートに感謝。
  結束力の強さ示す。



お父さん 渡辺夫妻、大野さん
    お悔やみに来て下さいました

 渡辺さん夫妻がお父さんの死を知り、小屋まで
 来てくれました。お父さんとの付き合い長かった
 渡辺さんは涙を浮かべていました。
 塔ノ岳尊仏山荘の大野さんがお父さんの死を知り
 小屋に寄ってくれました。
 普段はジョーク大好き
 の大野さん。心からのお悔やみに感謝。

角さん42年ぶりの同窓会
 角さん42年ぶりで同窓会。加藤さん夫妻と笹尾さん
 犬のバブ、ハナ。奥さんは初めて小屋に泊まってくれました。手料理を作ってきてくれ食卓がにぎやかになりました。ご馳走さま。笹尾さんは明るい人柄で皆を楽しませる気使いをしてくれました。わざわざ作って持ってきていただいた山菜料理はおいしくてごはんが進みました。 
               写真 左 笹尾さん

             珍客来訪
  話せば長くなるので簡単に触れるが、42年振り
  に再会する友人(もちろん女性)が、ひょんなこと
  から、堀山の家に来てくれた。それも2匹の犬を
  お伴に。
静岡県河津町に住む、後輩の笹尾さん。
  この人、小屋のお馴染みさん中村屋加藤さんの
  奥方と中学校の同期という。

  加藤さんと酒を飲みながら話しをしているうちに、
  そうだったの〜ということになり、先週、堀山の家へ
  招待して再会したのだ。
  もちろん加藤夫妻にも無理を言って登ってきて
  いただいた。
42年の年月は経ってはいるが、
  お互い清い交際で、その夜は酒を酌み交わし、
  想い出話しや、暴露話に花が咲いた。そばにいた
  聞き役の友人がまだ生まれていない時の話しでは
  盛り上がりに欠けたが事実だから困る。
  お互いに歳をとったな〜。

                     
カク

全くもう・・・
 
 
  こんな所に連れて来て・・・うちのお母ちゃんは・・
  でもなかなかおもしろかった。 また来たい・・・
  堀山頂上現象?

  躾が行き届いて小屋では静かに座って人の話を
  聞いた笹尾さんの飼い犬バブとハナ。
 
加藤夫妻。奥さんは初めての小屋泊まり
二回目の小屋訪問
   
五味さん(エコ)
日帰りでまき運びをしてくれました。細い体で
丸太を担いで本当にお疲れ様でした。
                    
ひろ子さん(ロコ)友人とんぼさんと日帰りで遊びにきました。まき運びを手伝ってくれありがとうございます。
  

エコとロコは病気
 
     症状      薪を運びたい、、
             水を運びたい
堀山が頂上     
           又来ます・・・
      診断名   堀山頂上現象
  病気? なのにとっても幸せそうエコは堀山2回目で
  早くも感染。  ロコは脱藩しての筋金入り
        
 
堀山頂上現象とは?
    新種ビールスが原因か? 堀山に蔓延。 
注   堀山頂上現象について知りたい方は掲示板
    
御覧下さい。堀山頂上現象研究の第一人者
    
神田明神の最新の研究発表御覧いただけ
     ます?  4月25日付    NO643 
                       NO645     
     いくらうがいしても予防は不可能です。
 
    働き中毒とは違います。  患者の皆様方
    ミート高橋、  エコ、  中村屋加藤
   この方も既にビールス感染の可能性大 
            中村屋加藤さん
の奥様
       中華お鍋が大好評
夕食は亀さんがいつも家で作っているという中華おでんを食べました。いつもと違う味の鍋物に汁も残さず平らげてしまいました。下ごしらえは家でしてくれ手間がかかっていました
                      なつこ
  
ミート高橋さん土曜朝起きたら富士山がきれいだったので
泊まりにきてくれました。
おいしいスペアリブご馳走様でした。
小屋補修
ゴールデンウイークに向け土曜は薪作り、日曜は朝6時から水汲み、棚の修繕とフル活動。本当にお疲れ様でした
           棚の補修
足達さん朝6時に堀山へ遊びにきました。早起きですね。
観音茶屋のご夫妻も仲良く久しぶりの堀山訪問
           編集後記 
今小屋の活動何を優先するのか?は大変難しい。
常に新しい問題、課題が出てくる。全員ボランテイア。
皆仕事も持っているし、家庭の用事もある。
皆自主協同の精神でそれぞれ出きる事で協力している。
しかし何かを集中して行う必要も出てくる。調整は大変だ。
大番頭角さんの苦労は並大抵でない。
一年経過し、今過去配信したHPを毎週更新している。
去年の今何をしていたのかが分り、今何をすべきか?
ひとつのヒントになるかもしれない。
                         頼兼
近況報告トップへ戻る