HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る
課外活動
     今頃の富士山どうなっているんだろう
    
            参加メンバー
       リーダー   富士中嶋   
         カク 踏み踏み  桜井 きよみ 飯野       
          12月9日・10日
     須走口スペシャリスト中嶋さんが
     案内してくれました。
富士山山遊びは5月からの構想、雪を想定し遊べる人は限られるかなと思っていたのが自然と、ら・し・い人達が集合。かなりの寒さも覚悟だったのがなんと雨・・・。馬返しからの歩きとなる。今回はかなり気持ちに余裕があった。なぜかというと須走りスペシャリストの中嶋さんが案内役から下準備まで、つまりは自分の体の心配と雪山対策さえすれば上がれる楽チンなものだったから
           雨のスタート
雪を楽しみにしていたのが思わぬ雨で実際はかなりしんどい歩きとなりこんな時期にお気楽に富士山目指してるのはここのグループだけではないだろうかとも思った。
須走口馬返しゲート、大きな通行止め看板と頑丈なゲート、
脇を抜けたりまたいで越えたり思い思いのスタート。
         とにかく7合目まで
大陽館まで行けたらいいねえ、運良く頂上に立てたらもっといいねと思っていたのが初日の雨で運はないんだ・・。次の日天気予報とは違う晴天が・・。これは行くしかない、何しろのんびりモードに入っていたので出発は8時30分、これで頂上はないだろうと思い始めた。とにかく7合目までは行かないとなんだか本当に遊びに来ただけになってしまう、雪山・アイゼン・ピッケル、ただの重たい荷物になってしまう、ボッカ訓練に来たんじゃない〜!呪文のようにグルグル頭の中で回っていた。楽しくやろうじゃない!カクさんの言葉もグルグル回っている。
雨と風と急坂、富士山特有の砂、歩きにくい時間が続く。
 
突如、竜か蛇か縦に動く雲が・・・。「来るなということか」と言ったら「おいでおいでしてるんだよ」人により見方が違うものだ。
       
登りは夏山のように青空と雲海と山中湖、きれいなリアル映像に何度も振り返る。堀山は雲の中・・。少しづつ御正体や三つ峠、河口湖、毛無山が現れ始め丹沢方面も雲が切れてきた。気温も低くないらしくデジカメは絶好調、なんだか本当に運がいいみたい。途中暑くて1枚脱ぎたくもなったが強風が必ず襲ってくるのでがまん、大陽館前はやはりかなり冷たい強風が吹き荒れていました。
             
        
 現在の大陽館
     
  大陽館、まだ雪は少ないので姿が現れてました。
  夏にお世話になりました。
      ポーズ決まってるでしょ?余裕!
   飯野    カク    きよみ    中嶋     桜井      
大陽館までなんなく到着・・・??のもり、そういうことにしておきます。丁度12時着でした。たぶん・・。思っていたより雪が少なく雪特有の直登歩きが時々ズボッと踏み抜くほど軟らかい雪、暖冬なのかもしれない。
             下山
  慎重に下山。 中嶋さんから厳しい注意の声
食後、下山。この下山がおもしろく、初、前爪アイゼン&ピッケルのEのさんに滑落停止訓練、アイゼン歩行まあみなそれぞれ講釈はあるけれど指導しながらの下山。マイペースな踏み踏みはカエル歩きの暴走始め中嶋さんに注意される。
     思いがけず霧氷を見ることができました
昼一面雪とガスで真っ白になり案内人がいないと迷いそうになる。さすが通いなれた中嶋さん、たぶん誰も地図など見ていない、ついていけば間違いないと思っている。恐るべし中高年が遭難するパターンだ。でも中嶋さんだから大丈夫と誰もが思っていたのも確か。
安全第一!皆楽しく!雪山なのにこれってかなり厳しいテーマ。帰りは御殿場温泉か紅富士の湯かもめにもめて勝った踏み踏み、うそはつかない、いい温泉だったでしょう?残念ながら湯につかりながらの富士山は見えませんでしたがよく行く温泉です
                  写真・文     踏み踏み
小屋近況報告   12月9・10日(土日)
        ひげ 旧交を温める
          
 リースの宅配便
 12月4日から8日までひげワールドの住人、心の家族、
 大阪のタカイチさん、明日香の佳子さんに会いに行ってき
ました。年に一度毎年この時期に、なっちゃんの心のこもった
リースを届ける旅。 ひげ自身も小屋から開放? されて楽しい
車の一人旅。片道5時間ほどかけてゆっくり行ってきました。
        明日香の さくら」です。          
   「 妹です。 よろしく 」 すっかりおにいちゃんの顔
 今年7月13日に生まれた「さくら」ちゃん。お兄ちゃんになった 
 「いらか」君。 来年は小学一年生。 最近とみにお兄ちゃんの
  自覚。とてもよく妹の面倒みるようになった。
機械好き。
  興味津々
、何でも分解。 ひげの携帯・カメラが犠牲に!
素敵に変身。とてもお母さんらしくなった 明日香の佳子さん
「なっちゃん、リースありがとう」
家族の為? ラジコン模型飛行機に夢中のお父さん。かわいい
弟分!ひげの目も細くなる
  ご主人の陽一さんは、お仕事で車の運転が必要。
  仕事で飲めない時間帯は禁酒。気分転換にラジコン
  模型飛行機に夢中。 お仕事終え、早朝帰宅
  ひげの為に華麗な空中旋回を披露。
         以心伝心 普段は会えなくても 
  一泊して翌日には、ひげの大親友 タカイチさん宅へ。
  5月に株式会社の社長になったタカイチさん、奥さんともども
  目の回るような忙しさ。会うのは「海の日」富士登山以来。
  モダンジャズ、縄文土器、東京に遊学中の長男、タカノリ君の
  こと・・・積もる話は深夜まで及ぶ
 
(株) 木村工務店は大阪の工務店です。
http://www.kimuko.net/home/
       着々小屋の設備補強
       
 
台所がとても明るくなりました。
       24時間フル稼動 休みなし?
   関さんの奥さんが持ってきてくれたソーラセンサーライト。
    太陽光を取り入れ、エネルギーを室内のランプの蓄電池に
    送るソーラーシステム。大目付加藤が取り付けてくれました 。
   小屋営業しない平日もエネギーを逐電できる優れもの。 
    営業日の夜必要な時だけON..にする

   金山先生が持ってきてくれたランプと併用。台所が明るく
    なってなっちゃんは大喜び

      
 全てお見通し静かな大目付
    大目付加藤(左)。小屋のすみずみまで目を配る。
     不言実行。さりげなくフォロー。荷揚げもいとわない。
     ひげのただ一人の小屋の先輩。
     動のカクさんと共に小屋の両輪。ひげ、なっちゃんは
     全幅の信頼。温かい人柄、小屋仲間の人望も厚い。
 
          
たかや君 皆勤賞
   たかや君。3週連続の堀山訪問。今日も単なる林の叔父さん
   に会えず。「でもいいや」白井の叔父さんと一緒。
   お孫さんのようなたかや君の登場に白井さんの頬もゆるむ。
      
信じられないご縁!
 貴重なアドバイス
   富士山須走口7合目 標高2920m 定員150名
    山小屋大陽館を経営する関夫妻。
    今年の7月は「海の日富士登山」でお世話になりました。
    大陽館は10月後半〜5月までは休業。
    番頭格の富士中嶋さんと毎週のように堀山に来て
    いただくようになりました。長年の経験からの実践的な
    アドバイス。堀山の家とてつもない財産を持ちました。
   
 大陽館のご案内
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-huts.html
大陽館のワンちゃん
http://www00http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-taiyokan.html1.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-taiyokan.html
 今週の出勤者
12月9日〜10日   ひげ なつ 亀  関夫妻
 12月9日
     大目付加藤
 荷揚げ
   12月9日    ひげ なつ 亀
            編集後記
  出会い。人が人を呼び、輪が広がる。去年の今頃からは
  想像も出来ないことが次々起こる。人の縁の不思議。

  人との出会いの基地。そんな山小屋を目指したい。
                      頼 兼
近況報告トップへ戻る